看護師の給料・年収【性別・年代別、都道府県別】

1、看護師の給料・平均年収

  • 看護師の平均年収: 約480万円(平均月収約33万円+年間ボーナス約84万円)
  • 准看護師の平均年収: 約402万円(平均月収約28万円+年間ボーナス約66万円)

(平均年齢39.3歳/平成30年度賃金構造基本統計調査より)

看護師の給料は厚生労働省の平成30年賃金構造基本統計調査によりますと平均年収480万円です。他年度も合わせてざっくり考えますと、看護師の平均月収は30万円前後、年間ボーナスは50~100万円で、基本的な平均年収は総じて450万円ほどと言われています。

もちろん、地域や勤務先によって差がありますので、この値はあくまでも平均値としてお考え下さい。また、准看護師の場合は同じく平成30年のデータによりますと平均年収約402万円となっています。

①看護師の給料【性別・年代別】平均年収

平成30年賃金構造基本統計調査データを元に性別・年代ごとの平均年収で分けてみますと、大体下記のような感じになります。看護師は女性が大多数の職種ですので、ここでは女性データを分かりやすく記載しています。また、金額も全体を把握しやすくするため、四捨五入の上で5万円単位記載しています。

  • 前世代平均年収: 女性-約480万円(男性-約490万円)
  • 20代の年収: 女性-約410万円(男性-約420万円)
  • 30代の年収: 女性-約480万円(男性-約505万円)
  • 40代の年収: 女性-約510万円(男性-約530万円)
  • 50代の年収: 女性-約530万円(男性-約575万円)
  • 60代の年収: 女性-約420万円(男性-約455万円)

看護師は20代前半という若年時期から月収30万円位の高額給与をもらうことができ、その後は50代まで緩やかに増え続けます。そして60代に入ると減少し始めるケースが多いようです。これはおそらく体力が減ってくることで総じてシフトに入ることのできる回数が若干減ってくる為と考えられます。

しかし、これはあくまでも平均化した数字であり、看護師によっては主任・看護師長などの管理職に昇進したり資格取得によって、主に40代以降にはなりますが年収が大幅にアップすることもあります。ちなみにこうした看護師の平均年収は、職種を問わない女性全般の平均年収よりも全ての世代で約100万円ずつ高いというデータがありますので、いずれにしても看護師は他の多くの職種よりも経済的に恵まれた職種であることは間違いありません。

②看護師の給料~都道府県別平均年収

ここでは看護師の給料に関しまして、国内の主要都市その他看護師の給料の高い地域をまとめてみました。

  • 北海道の平均年収・・・473万円
  • 東京の平均年収・・・735万円
  • 愛知の平均年収・・・578万円
  • 大阪の平均年収・・・630万円
  • 福岡の平均年収・・・525万円
  • 給料の高い県(平均年収500万円以上)・・・宮城県(525万円)、茨城県(525万円)、栃木県(525万円)、群馬県(525万円)、千葉県(525万円)、東京都(735万円)、神奈川県(577万円)、石川県(525万円)、福井県(525万円)、長野県(525万円)、静岡県(525万円)、愛知県(578万円)、三重県(525万円)、滋賀県(525万円)、京都府(525万円)、大阪府(630万円)、兵庫県(525万円)、奈良県(525万円)、岡山県(525万円)、広島県(525万円)、山口県(525万円)、徳島県(525万円)、福岡県(525万円)

※この他の県は看護師の平均年収はすべて400万円台となっています。

2、看護師の給料が高い診療科

看護師の給料水準が高い診療科としては、整形外科、眼科、脳神経外科、循環器科、透析などがあります。これらの診療科は専門性が高く、高い技術力も求められる傾向にありますので、他の診療科よりも看護師の得られる給料は高いとされています。特に、循環器科や透析は認定看護師資格で注目されている分野でもあり、専門の単科病院に勤める看護師のお給料は比較的高給と言われています。

 また、美容クリニックなどは日勤のみで夜勤が少ないところが多いですが、インセンティブ制度の導入によりこれまた給与水準がかなり高いと言われています。

3、看護師の給料が良い理由

看護師のお給料は確かに確かに高いのですが、月に決まって支払われる「基本給」がそれほど高いわけではなく、他の一般的な職種よりも若干高めになっている程度です。では看護師の給料を引き上げている要因は一体何なのかといいますと、それは下記に示す各種手当てにあるのです。その中でも夜勤手当の影響が特に大きいといえます。看護師の仕事に付く主な手当てには

  1. 夜勤手当
  2. 家族手当
  3. 通勤手当
  4. 住居手当
  5. 役職手当
  6. 資格手当
  7. 期末・勤勉手当
  8. 危険手当

などがあります。このうち夜勤手当の影響は特に大きく、大体1回の勤務で3交代制病院の場合は5千円前後、2交代制病院の場合は1万1千円前後となっており、多いケースでは1回3万円以上の夜勤手当がつく病院もあります。

4、公務員看護師の給料他、メリット

公務員として働く看護師のメリットとしては下記があります。

  1. 給与手当・福利厚生が充実している 。
  2. 毎年昇給がある。
  3. 休日が多い。

看護師が地方公務員として働く職場は、県立病院や市立病院といった都道府県や市町村など地方自治体直轄の医療機関になり、全国に800以上の病院と3000以上の診療所があります。一方、看護師が国家公務員として働く職場は、国立ハンセン病療養所、厚生労働省、宮内庁病院、自衛隊、刑務所などがあります。

よく誤解されがちなこととして、国立病院機構や国立大学附属病院、国立医療センター等で働いても看護師は国家公務員にはなりません。給料などは公務員と同待遇にはなりますが、それも病院の経営次第といえます。例え国立大学付属病院であっても大学によって給料システムは異なり、看護師が年収500万円を軽く超える大学もあれば、年収450万円未満の大学もいくつもあります。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です