看護師の4つの転職方法

看護師の方には下記4つの転職方法があります。

【▼看護師の転職方法一覧】

  1. 自分で探す (ハローワークや求人雑誌、求人サイトなどを利用)
  2. 知人からの紹介を受ける
  3. eナースセンターを使う
  4. 看護師転職サイトを使う

①まず1つ目は一般職の方と同様に、ハローワークに行ったり一般の求人雑誌・求人サイトを見たりしてご自分で看護師求人を探して応募する方法があります。しかし、実際に見ていただければ分かりますが、ハローワークや求人雑誌に一般公開されている看護師求人の量や質は所詮は知れたもの。情報収集の一環程度に考えて、機会があれば見ておくと良いでしょう。もし行ってみたい病院等ある場合には、インターネットでそこのホームページを見つけて直接電話してみるのも良いでしょう。

次に②、知人からの紹介を受ける道もあります。例えば、看護学生時代の友人や先輩、教師など医療機関に関わりをもつ知人が居ればその方のツテでいい病院を紹介してもらうのも1つの選択肢です。しかしこの場合1点注意点があります。それは「辞めにくい」ということ。知人に紹介してもらった以上、短期に辞めたら知人のメンツをつぶすことにもなりますので注意したいところです。

次に③eナースセンターを使う方法です。eナースセンターとはご周知の通り、看護師専用の職業紹介事業所です。都道府県看護協会が運営しており、全国47都道府県に1つずつ設置されています。地域に根ざした組織であるため、その地域の多様な求人が集まってきますのでぜひ利用してみると良いでしょう。

とは言ってもこれも「①自分で探す」と被る部分もあり、各地域のeナースセンターに直接足を運ぶ必要はありません。基本的には名前やメールアドレスなどの簡単な個人情報を登録した上で求人検索をして、見つけた求人にサイト上からご自身で直接応募が可能です。そしてもちろん、各地のeナースセンターには看護職の相談員も在籍していますので、もし相談したいことなどあれば直接足を運んで面談を受けて転職先を探すこともできます。
>>eナースセンターはこちらです。
(登録なしに求人検索できる体験版も用意されています。)

そして最後に、④看護師の方向けの転職サイトを使って転職する方法です。この看護師転職サイトを使って転職することのメリットにつきましては記事冒頭で大まかに触れましたが、これら4つの方法の中でも条件の良い看護師求人を見つけたい場合、この③看護師転職サイトを使う方法は外せません。その最たる理由としては、

[非公開求人を知ることができる。]

があることです。つまりはそもそも看護師転職サイトを使わなければ知ることのできない、ネットや雑誌には載っていない非公開の看護師求人がとても多く存在しているということです。非公開の求人というのは「ネットに公開したら応募者が殺到してしまう」「今働いている方よりいい条件になってしまう」‥など非公開にするべき理由のある非常にいい求人が揃っています。

ただ、各社で持っている非公開求人が違ったりしますので、できるだけ条件の良い求人を探したい場合には、信頼できる看護師転職サイトを2~3社選んで併用して転職活動するのが最もおすすめです。そうすれば各社のサービスを比べることができますし、きっとご自分に合った転職エージェントにも会えることでしょう。

[▼看護師の転職方法おすすめ]
③eナースセンターを使う
④看護師転職サイトを使う

看護師の方は基本的には看護師に特化した比較的良い条件の求人が多く集まってくる上記③④の方法をメインにして転職活動をしていくのがおすすめです。もちろん情報のアンテナを広く持つためには、①一般の求人雑誌や求人サイトを見てみたり、②知人に過去に居た職場の情報などを聞いてみて得た情報も参考にはなります。

ただし、そうして気になる求人や医療機関情報がもし見つかった場合にも、後々後悔しないためにはやはり各地の医療機関情報に詳しい看護師転職サイトの地域専任エージェントに一度聞いてみて、そこのより詳しい情報を仕入れてから応募などに話を進めるのがおすすめです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です