看護師転職サイトのメリットとデメリット

看護師転職サイトのメリット

看護師さんが転職サイトを利用して転職するメリットは上記事でも軽くご紹介させていただきましたが、ここでより詳しくご紹介致します。

▼ 看護師転職サイトを利用する4大メリット】

  1. 【情報収集①】非公開求人を知ることができる。
  2. 【情報収集②】病院の内部事情(職場のルールや環境、雰囲気、看護師長さんの人柄‥等)を詳しく知ることができる。
  3. 【手続き代行】転職時の面倒な手続き(求人への応募や面接設定、給与交渉‥等)を全て転職エージェントが代行してくれる。
  4. 【アドバイス】看護師の転職事例に詳しい転職エージェントから面接対策・履歴書作成等含めた転職に関するさまざまなアドバイスを受けられる。

まず1つ目、非公開求人を知ることができるというもの。好条件・高待遇の看護師求人はなぜ非公開なのかといいますと、それらをネットなどに広く公開してしまうとその求人先で働く既存の従業員の目に留まって職場で不満の声が上がったり、応募が殺到するようなことにもなったりと、求人先にとって色々不都合が生まれてしまうことが考えられるからです。

それゆえに看護師転職サイト(人材紹介会社)に‘非公開求人’として情報を出すことで、転職エージェントに水面下で条件に合う看護師人材のみとマッチングしてもらいたいのが求人先事業所の思うところなのです。さらにその中でも群を抜いて条件の良い求人は、数ある看護師転職サイトの中でもほんの1社か2社にしか情報が行きません。それらも全ては求人先の都合によるところです。

そして2つ目、病院の内部事情(職場のルールや環境、雰囲気、看護師長さんのお人柄‥等)を詳しく知ることができるというもの。これも転職したい看護師さんがご自分で調べようと思っても、直接電話したり職場見学させてもらったりすることで不可能ではないかもしれませんが、なかなか難しいかと思います。しかしそうした情報も病院に実際に足を運んで実地調査をしている転職エージェントが居る看護師転職サイトであれば、看護師さんは面倒な手間なくエージェントに聞くことができます。

もちろんエージェントが調査していなかったような分からない点については言えば調べてくれるでしょう。しかし、この2つ目に関しましてはその看護師転職サイト(人材紹介会社)の転職エージェントが
「看護師専門・地域専任」
である必要があります。そうでない会社の転職エージェントは、おそらく実際に病院に足を運んで実地調査するようなことはしていないでしょう。この点だけお気をつけください。

そして3つ目、手続き代行です。看護師さんの転職時には、希望する求人先への応募や面接設定、その後の対応など選考結果が出るまで面倒なやり取りが続きます。求人先の採用条件がこちら側の希望に沿わない時など、場合によってはのちに給与その他条件の交渉が必要になるケースもあるでしょう。

しかし、看護師転職サイトを利用することでそれら面倒な手続きは全て転職エージェントが代行してくれます。転職される看護師さんが実際にやらなければならないことと言えば履歴書を作って面接に臨むことくらいです。その面接も利用する転職サイトによっては希望すればエージェントが同行してくれますので、心強いものです。

そして4つ目はアドバイス。看護師の転職事例に詳しい転職エージェントから転職に関するさまざまなアドバイスが受けられるということです。面接対策や履歴書作成に関するアドバイスはもちろんのこと、看護師さんによってはそもそも転職するか否か迷ってらっしゃる方も少なくないでしょうし、転職先の選び方に軸を持てていない方もいらっしゃるでしょう。看護師さんの転職事例やキャリアにも詳しい転職エージェントからのさまざまなアドバイスは色々な意味で参考になるのではないでしょうか。

看護師転職サイトのデメリット

次にデメリットについてです。看護師転職サイトを利用することのデメリットは可能性という意味で1つだけあります。それが下記。

・相性の良くない転職エージェントからのサポートを受け続けた場合、転職失敗する可能性が高い。

担当となる転職エージェントによってはウマが合わなかったりしてこちらの希望する本質的な部分を理解してくれず、転職失敗に繋がってしまうこともあります。あるいはノルマなど転職エージェントの都合で、こちらの希望に合わない求人案件まで紹介してきたりして転職を勧めてくることも稀にあるようです。転職が成功するか失敗するかは担当となる転職エージェント次第と言っても過言ではありません。評判の良い転職サイトに登録しても、相性の良くないエージェントに当たってしまってはそのままだと良い結果には繋がらないでしょう。

もし担当がそうしたご自分とは相性の良くないエージェントだと感じた場合には、早めにその会社に連絡して担当を変えてもらうよう頼んでみると良いでしょう。この際、メールやフォームなどで連絡できる専用のサポート窓口が設置されている看護師転職サイトだと非常に便利です。担当エージェントにはやはり直接は言いづらいですからね。

また、担当を変えてもらう際の理由はもちろん本当のことをいう必要はなく何でも構いませんので、あまり波風立てないものにしておくと良いでしょう。あるいは「(自分は女性で)同性のほうが話しやすいので、担当は女性エージェントを希望します。」などとあらかじめ登録時の備考欄に希望を書いておくのもおすすめです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です